新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

産後の話題

出産時の痛みが緩和される無痛分娩についてちょっと調べてみた

無痛分娩は陣痛や分娩の痛みを薬で和らげる分娩方法。 日本は世界に比べて無痛分娩の普及率が低く、正しい情報が知られていないのが現状だといいます。 1人目の子の出産のときに不勉強だった自分は、女性が妊娠・出産によって肉体的・精神的にどのように変化…

パパも見た方がいい最近気になる子育て番組

最近のささやかな楽しみは、NHK BSプレミアムで朝放送されている「あまちゃん」の再放送。ドラマもいよいよ来週が最終週「おらたち、熱いよね!」です。 最終週といえば、薬師丸ひろ子さんが演じる鈴鹿ひろ美が潮騒のメモリーを歌う回(10月1日となるはず)…

イヤイヤ期に向けて、ママのフォローについて考えてみた。(ますます! 東京ひよっ子3人暮らし ~イヤイヤ大魔王降臨!試練の2さいくん編~ を読んで)

今日のちぇぶちゃんは、近所の遊び場でトンネルくぐりができるようになりました。 妻がダウンしたことがきっかけで始めてみた「早朝のちぇぶちゃんを連れ出して数十分遊ばせてみる」という試みですが、何とか一週間続けることができました。普段のお散歩の時…

妻の妊娠・出産と子育てにかかるお金について勉強になる本

今から2年と数か月前に妻の妊娠を知った時、将来生まれてくる子どものことが楽しみでうれしい気持ちと、妊娠・出産、子育てにかかるお金の心配とでちょっとだけ複雑な気持ちになりました。 日本では手当や一時金といった名前がついたお金は自分から進んで手…

母の日に妻に贈ったプレゼント。

今日は母の日ですね。 妻の母と自分の母宛に先日手配したカーネーションは無事届いたようです。 母といえば、妻も1歳の娘を持つ母。 普段改まってお礼を言うことが苦手なので、感謝の気持ちを伝えるため、妻にも贈り物をすることにしました。 花のかわりにピ…

『コウノドリ』第8巻ざっくりレビュー、今日の「いないいないばあっ!」~ ゆうなちゃんとゆきちゃんが共演

『コウノドリ』第8巻、一気に読みました。 夫婦で楽しみに読んでいる『コウノドリ』第8巻が発売されました。この漫画だけはすぐに読みたくて発売日に書店で買ってしまいます。昨日も帰り一気に読みました。 鈴ノ木ユウ『コウノドリ』待望の最新⑧巻が発売開始…

【新刊情報】「フランス人は子どもにふりまわされない 心穏やかに子育てするための100の秘密」

出版を楽しみにしていた翻訳書を入手できたので、週末はちぇぶちゃんと遊びつつこの本を読んでいます。 わが家は英語子育てや乳幼児期からの早期教育に関心があって、子どもが小さいうちから「あれもやらなきゃこれもやらなきゃ」となりがち…と自覚はしてい…

子育てが大変な理由が少しわかった~「ありのままの子育て」

スズコさんの「夫婦だけで育児なんかやっぱり無理ゲーでしたごめんなさい。」を読んで 少し前の記事ですが、イシゲスズコ (id:suminotiger)さんのこの記事を読んで、私も共感するところがありました。 生後すぐから6か月くらいまでは、私が仕事でいないため…

産後の妻への何気ない一言が招いた悲劇

「悪かったよ」の一言で大ゲンカ 0歳の赤ちゃんのいる夫婦のある日の出来事。 赤ちゃんが深夜(午前2時半ごろ)モゾモゾして起きかけていることに気付いた妻が、「おっぱいをやってる間、念のためミルクを作ってきてくれない?」と夫に頼んだときのこと。 夫「…

現時点でのわが家の産後クライシス対策まとめ

そもそもどうして育休を取ることにしたのか、理由はいくつかありますが、中でも一番大きなものは、 出産で大変な思いをして、産後も頭痛や腰痛、(トイレにいけないことでひどくなった)腹痛などで体がつらい中、家事や育児で疲労しきっている妻をフォローする…

出産時妻が大変な目にあった微弱陣痛について調べてみた

微弱陣痛といっても痛くないわけではない。激痛です。 微弱陣痛というのは、退院時に病院からもらった資料に書いてありました。私は出産に至る過程で妻にずっと付き添っていたのですが、陣痛が来ているときの妻が痛みに苦しんでいるのを見て、どこが「微弱」…

母親の大変さを実感するため妻の授乳回数を調べてみた

また産後クライシス? ちぇぶが生まれて何度目でしょうか?どちらかといえば(いやほとんど確実に)、自分が悪いのでしょうが、またしても産後クライシス(要は夫婦げんか)がやってきました。 産後のお母さんたちの気持ちを上手に代弁していると評判の川上未映…

産後のママと(イクメン)夫のすれ違い

産後のママは大変 産後のママの身体は大きなダメージを受けています。 私の妻も陣痛促進剤の点滴を受けながら長時間の陣痛にさらされ、しかも当然のことながら一睡もできなかったため、疲れ果て身体もボロボロの状態となってしまいました。 出産時の光景 そ…

オムツ替え

大の方ですよ 生後5カ月ごろから、ちぇぶも離乳食開始となり、離乳食も10倍がゆとかいうなんか糊みたいなお粥に始まり、最近ではかぼちゃやさつまいもといった米以外のものも食べさせるようになってきました。(作るのはもっぱら妻です) ホント子どもの成…

寝かしつけのテクニック

寝かしつけは苦手 うちの子ちぇぶも大多数の赤ちゃんと一緒で、なかなか寝てくれないとか泣き止まないときがあります。 寝かしつけは男親のほうが得意な場合もあるとどこかで読みましたが、とても信じられないっすね。 自分が寝かしつけに挑戦しても、よく失…

やってきた産後クライシス

約半年ぶりの更新 となってしまいました。(ちなみに今回からはですます調で書いていきたいと思います。)娘はちぇぶとよぶことにします。 更新をサボっていた間、仕事はほどほどに自分なりに育児をがんばっていたつもりですが、妻との認識の差は非常に大き…

新生児は小さなおっさん

妻は産婦人科の病院で娘を出産したが、その後役所に出生届けを出しにいくと、その自治体にもよるのだろうがさまざまなサポートがある。産婦人科では、出産後10日目に10日検診というのがあった。 そして、ちょうどその次の日に自治体の保健師から電話がかかっ…

男の自分が育休を取得した理由と産後クライシス

NHKのあさイチで名付けられた「産後クライシス」は、「出産後に夫婦の愛情が急激に冷え込む現象」のこと。 「出産」と聞いて通常思い浮かべるのは、待望の赤ちゃんを胸に抱く母親とその様子をあたたかく見守る父親の姿という微笑ましい光景。その出産後に訪…

コンサートでステージ上で演奏するのと、客席で座って聞いているのとでは、置かれている状況が全く異なる。

立場が変わることで、感じ方が180度変わるものはいろいろ考えられるけれど、例えば、オーケストラのコンサートでステージ上で演奏するのと、客席で座って聞いているのとでは、全く違う。 客席に座って聞くだけでも、いわゆるクラシックの場合、咳もガマンし…

息子の誕生はバロンドール以上に僕の人生を変えた

2013年の1月21日、4年連続4度目のFIFAバロンドールを獲得したFCバルセロナのメッシが「息子の誕生はバロンドール以上に僕の人生を変えた」と語ったことが伝えられたが、オールモスト40歳となった自分も2013年の11月に初めての娘を授かり、その中でいろいろ…

ページトップへ戻る