読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

2歳の娘、ディズニー おしゃべりいっぱい! ガチャで「かず」遊び。

算数・数学 知育

今日は知育の話題。

幼児が数の概念を理解するには、まず「1、2、3…」と数を数える数唱が出来るようになることが基本。そこで、わが家では娘のちぇぶちゃんが文字や数字に強い関心を持ち始めた5か月ほど前から、数字(や文字)がプリントされたおもちゃをいろいろ用意して遊ばせていました。

▼そのころの取り組みについてはママのこの記事に記録されています。

▼数唱について参考になるページ

子どもはどこでつまずくか:こぐま会

かず遊びに活躍中のおもちゃたち

1から20まで数えられるようになったころ、大きな百玉そろばんレインボーアバカスを追加。数える遊びをするときによく使っています。

f:id:bokipapa:20160125044720j:plain

数字がプリントされた細長いブロックが1から10まで入っているレゴ デュプロのかずあそびトレインでブロックをくっつけたり、フライングタイガーで見つけたスタッキングボックスロディのコップタワーで遊ぶうちに、すうじに親しめるようになってきたようです。

f:id:bokipapa:20160125191156j:plain

例えば、このように1より2、2より3が少しずつ大きくなるように作られているスタッキングボックス(写真左)の場合、下から順に「10、9、8、7…」と数字を逆から読んで積み上げていったり、小さい順に「1、2、3…」と下に置いていきボックスを片づけたりします。(9の箱は10の箱にすっぽり入り、8の箱は9の箱にすっぽり入り…というように、マトリョーシカのように小さい箱が大きい箱にすっぽり入るようになっています。)

f:id:bokipapa:20160125044619j:plain

f:id:bokipapa:20160125193647j:plain

最近では、1から50まで書かれた数字盤に、数を唱えながらマグネットの駒を置いたりすることもできるようになってきました。その様子を見ていると、自分の娘のことながら感心してしまいます。

f:id:bokipapa:20160125044624j:plain

これは私の趣味ですが、「電卓に数字を表示させて、その駒を数字盤に置いていく」というのもなかなか面白いです。

電卓(カシオの場合)のキーを

「1」「+」「+」「=」「=」…

と押していくと1ずつ数が大きくなっていくので、それを使って「1、2、3…」と数唱するのに使うこともできます。

f:id:bokipapa:20160125192900j:plain

他には、木でできた立体的な数字のパズルもあります。ちぇぶちゃんは、数えながらピースを全てはめこんでいくことができるようになりました。一緒に英語で数えながら遊ぶこともあります。

f:id:bokipapa:20160125193406j:plain

くもんから出ている「かずカード」も、数の概念を学ぶのに有効ですね。

f:id:bokipapa:20160125044628j:plain

f:id:bokipapa:20160125044652j:plain

f:id:bokipapa:20160125044632j:plain

 

このようにして、今では30まで数が数えられるようになってきました。

調子に乗っている時などは、もう少し大きな数も唱えているようです。

お風呂に入って一緒に数を数えようとすると、「ちぇぶ(自分の名前)!」と言って私を黙らせてから、一人で数え始めたりします。何でも自分がやらないと気が済まない時期なのかもしれません…。

このように数唱について遊びながら学べるおもちゃのひとつに、ディズニー 「おしゃべりいっぱいガチャ」というものがあります。

f:id:bokipapa:20160125044542j:plain

これは、ちぇぶちゃんがちょうど1歳のころ購入して遊んでみたおもちゃ。

このように上に穴が空いていて、ここからカラフルな玉を入れます。

右に見える丸い手を下に押すと下の穴から玉が出てくるという仕組み。

玉が出る時に効果音がしたり、音楽が流れたりします。

f:id:bokipapa:20160125044557j:plain

f:id:bokipapa:20160125044601j:plain

f:id:bokipapa:20160125044603j:plain

玉には、このようにミッキーやミニー、ドナルドといったディズニーのお馴染みのキャラクターたちが描かれています。遊びはじめた頃はそれほど興味を示しませんでしたが、ツムツムのミニアニメなどを見るようになった今、キャラクターの名前なども覚えて、ボールのイラストにも親しみが持てるようです。

f:id:bokipapa:20160125044550j:plain

玉の下側には穴が空いていて、本体左側の白いカップケーキに差すと、キャラクターごとに異なった「セリフ3つ」と「キャラクター名」「ボールの色」の音声が流れます。

色あそびが好きなちぇぶちゃん、色の名前の音声に特に反応します。

f:id:bokipapa:20160125044613j:plain

本体のスイッチで日本語音声と英語音声に切り替えることもでき、非常によく出来たおもちゃなのですが、ちぇぶちゃんは1歳のころ遊び方がよくわからず、ガチャガチャ連打してムチャクチャな遊び方をしていました。収拾がつかないためしばらくしまっておいたのですが、数が数えられるようになった最近再びこれを出してみたところ、以前のようにレバーを連打することがなくなり、数唱の練習に使えそうな雰囲気になってきました。

子どもの成長に伴って、おもちゃの印象も変わっていくんだなあ… とちょっと感慨深くなりました。(実はこのおもちゃ、自分はもうお蔵入りさせようと思っていました…。ごめんね、ちぇぶちゃん。)

 

今後は、プリントやプリントをやる前段階の教材も用意しているので、少しずつ本格的な知育を進めていこうと思っています。

 

ディズニー はじめて英語 ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターズ おしゃべりいっぱい!ガチャ

VOILA レインボーアバカス

くもんの磁石あいうえお盤(すうじ盤50)

baby Rody コップタワー

かずカード

Hape(ハペ) ナンバーズパズル

レゴ デュプロ かずあそびトレイン 10558

カシオ 本格実務電卓 検算・税計算 ジャストタイプ 12桁 JS-20WK

ちぇぶちゃんが1歳のころからよく読んでいる数の絵本たち。

りんごはいくつ?

わくわくくろくま くろくまくん1・2・3

かぞえてみよう (こどもMOEのえほん)(コドモエ[kodomoe]のえほん)

ラスト、無限大∞のページがおもしろい!

Peppa Pig: 123 with Peppa

1 2 3 Count with Me (Smart Kids Trace-and-Flip)

よくできたしかけ絵本。何度も一緒に読んでいくうちに、20まで数えられるようになりました。