新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

「ザ・ギフティッド」大川 翔さんの新刊「僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ」が発売されたよ。


大川 翔「僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ」

9歳でカナダ政府から「ギフティッド」認定され有名になった大川翔さんの新刊「僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ」が発売されました。

f:id:bokipapa:20180211132601j:plain

f:id:bokipapa:20180211132604j:plain

大川さんは

  • 0歳から5歳まで日本の保育園。
  • 5歳で両親の仕事の都合でカナダへ。
  • 9歳でカナダ政府にギフティッド認定される。
  • 12歳で一時帰国。渋谷教育学園幕張中学校受験➡合格するものの、カナダに残ることを決める。当時、カナダで飛び級して高校1年生のコースで学んでいた。
  • 14歳でカナダの名門大学5校に奨学金付きで合格
  • ブリティッシュコロンビア大学サイエンス学部入学、現在4年生(18歳)。

という経歴の持ち主。

わが家では、娘のちぇぶちゃんがまだ生後9か月くらいのころ、大川さんの初めての著書「ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法」を読んで大変な衝撃を受けました。

▼「ザ・ギフティッド」を夫婦で初めて読んだ頃のちぇぶちゃん(生後9か月)。小さい!

f:id:bokipapa:20140827112530j:plain

今回の「僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ」

  • 第1章 地アタマを鍛える
  • 第2章 楽しくなければ勉強でない!?
  • 第3章 人生でやりたいことを実現するための大切な能力
  • 第4章 天才、ギフティッドとは何か?

といった章立てで

  • 勉強のために大川さんがしてきたこと
  • なぜ「飛び級」を選択したか?
  • コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力(自己表現能力)をどうやって鍛えたのか?
  • 天才、ギフティッドの勉強法とはいったい何なのか?

についての話が書かれています。

「はじめに」冒頭の「僕の両親、親戚は少し変なのかもしれない。そう僕が感じ始めたのは、中学受験を終えたころからだったと思う。…」から惹きつけられます。大川さんが「変わっている」という親戚の話がまたとても面白いのです。お母様の大川栄美子さんから「母の視点」、ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんとのお話も登場して非常に興味深い内容なので、おすすめです。

f:id:bokipapa:20180211140107j:plain

僕が14歳でカナダ名門5大学に合格できたわけ

14歳のときにはカナダ名門大学5校が争奪戦を繰り広げた天才少年・大川翔さん。本書は、彼がいかにして「天才脳」をつくりあげたか、その挑戦を詳細にたどり、「天才」になるための学習法を紹介。

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

9歳までに地頭を鍛える! 37の秘訣

翔さんのお母様の書籍。

f:id:bokipapa:20180211132632j:plain