新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

3歳の娘と英語でコミュニケーションをとるために考えたパパの勉強法


3歳の娘ちぇぶちゃんの英語

わが家の長女、ちぇぶちゃんが縁あってプリスクールに通い始めてから4か月。

最初の3か月こそ、生まれて初めての母子分離や慣れない環境に戸惑い、高熱を出したり風邪を引いたりして休みがちだったものの、最近はスクールで揉まれているせいか、体力もついて元気に通えるようになってきました。イヤイヤや赤ちゃんがえりが激しくても、スクールだけは一度もイヤと言ったことがないほど。日々楽しんで過ごしているようです。

プリスクールは基本英語しか使えないというハードな環境。ネイティブスピーカーの先生が何人もいて、そこはまるで別世界です。英語にコンプレックスのある自分なら尻込みしてしまいそうな状況ですが、そこは3歳児。先生方の話によると、最近では英語でコミュニケーションが取れるようになってきて、スクール内でちぇぶちゃんが日本語を話すことはほとんどなくなったそうです。おまけに最近は英文も自力で読んでいます(これは先生方にも驚かれています)。すごい…。

一歩スクールを出れば、親とは日本語で普通に会話するのですが、赤ちゃんの頃から触れていた英語を実際に使うことが楽しくなってきたちぇぶちゃんは、突然英語で独り言を始めたり、英語でごっこ遊びをしたり、英語で話しかけたりしてくるようになりました。そんな時、ママは英語で返事をして二人で楽しそうに談笑していますが、問題は私。3歳児に英語で何か言われても、どう言い返していいのかわからずフリーズしてしまうのです。スクールでちぇぶちゃんのお友達からにこやかに話しかけられても、一瞬止まってしまうことがあります。おそらく、かなりやさしい英語を使っているはずなのに...。

このままだと、家庭内でママとは英語、パパは(英語がわからないから)日本語で話し、さらにはママとちぇぶちゃんの2人で英語で内緒話を始めたりして私は置いてきぼり… なんてことになりかねません。(ママはそんなことは絶対にないって言うけれど。)0歳児のだっくんだって、英語で話し出す日がやって来るかも...。

これはまずい!ということで、何度も近づいては遠ざかっていた英語学習に再びチャレンジすることにしました。

 

ちなみに、ちぇぶちゃんが英語に親しむようになったのは、小さいころからアルファベットのおもちゃや絵本によく触れていたからかもしれません。

▼1歳半から2歳にかけて遊んでいたアルファベットのおもちゃについてのママのブログ記事。

▼アルファベットのDVDは今でも大好き。

▼ベネッセのワールドワイドキッズ(WKE)のDVDやおもちゃも大好きでよく見たり遊んだりしています。

 

▼昨年10月にも、英語を話すちぇぶちゃんを見て「焦った」と書いている誰かさんがいました。うーん、全然進歩がないですね。

今回のチャレンジ

さて今回の私の英語勉強ですが、難しかったり量が多すぎるとモチベーションが続かず長続きしないことは経験上明らかなので、簡単で少しでも楽しくなるようなことから無理なく始めてみることにしました。

今度こそは、素直にママのアドバイスも聞きながらやってみるつもりです。

ママは普段からちぇぶちゃんが遊びながら楽しく学べるようにいろいろ工夫してくれるのですが、ちぇぶちゃんからかなり刺激を受けているようで、今でもコツコツ学び続けています。見習わなくては...。

子育て英語表現集 0-3歳向け & 3-6歳向け & 親子の会話、英語ならこうなる

井原さんちの英語で子育て」の著書で有名な井原香織さんの英語表現集。

朝起きたとき、食事のとき、幼稚園にお出かけするとき、帰ってきたとき、お風呂に入るとき、夜寝るときなど、子どもとの会話に使える簡単なフレーズが満載で、一番即効性がありそうです。当面自分が英語で話す相手はちぇぶちゃんだけなので、まずはここにある表現をなるべく覚えて使えるようにしていこうと思います。

f:id:bokipapa:20170206170816p:plain

f:id:bokipapa:20170206171404j:plain

赤ちゃん・幼児から小学生まで、親子英語のコツと英語教材の紹介---英語で子育て

七田式の子ども用英語教材 セブンプラスバイリンガル 7+BILINGUAL

世界一周旅行がテーマですが、子ども向けというところがかえっていいような気がします。ちぇぶちゃんと一緒に聞けるというのもポイントかも!

f:id:bokipapa:20170206170842p:plain

七田式 子供向け英会話教材 7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

子どもを天才に育てる「七田式」の「35日完結バイリンガル英語脳プログラム」についての詳しい説明はこちら

f:id:bokipapa:20160709071317j:plain

アルクエンジェルコース

アルクのエンジェルコースは、赤ちゃん(胎児期から!?)英語に慣れ親しむ環境をつくるために最適な教材。聞いてみるとわかりますが、内容はけっこうレベルが高いです。事あるごとにママがかけ流してくれていて、ちぇぶちゃんは字がたくさん載っているテキストを眺めて一緒に歌ったりブツブツ言いながら聴いています...。私もこのCDを何度も聞いているうちにだいぶ耳が慣れてきたので、今度はちぇぶちゃんを見習ってブツブツとシャドーイングしてみようと思います。

f:id:bokipapa:20170206170759p:plain

アルクのエンジェルコース~「耳の黄金期」である胎児から3歳までの「いま」がチャンスです!

娘と一緒に英語絵本の多読・英語DVDの視聴をする

ちぇぶちゃんは、小さな頃からママと一緒に良質な絵本や音声にどんどん触れることによって、英語が好きになったのだと思います。

ここにきて英語を「読む」ブームが訪れたちぇぶちゃんと一緒に、どんどん英語の絵本を読んでいこうと思っています。また、ちぇぶちゃんが大好きなアニメやワールドワイドキッズなどの映像もできるだけ一緒に見て、生きた表現を取り入れて使っていきたいです。

子ども向けと侮ることなく、純粋に一緒に楽しんでみようと思います。

▼ここから無料で資料請求ができます。

ワールドワイドキッズ

ベネッセの幼児向け英語教材 <Worldwide Kids>

プライムイングリッシュ

昨年末に出た新しい教材です。

音声変化に焦点をあて、たとえば

「What do you want to do?」を

「ワットドゥユワントゥドゥ?」ではなく

「ワドゥヤワナドゥ?」で教えてくれます。

教科書的な発音ではなく、ネイティブが自然に話すときに発生する音声変化のルールを徹底的に教えてくれるということでとても面白そうな教材です。

最近自分が英語の教材をいろいろ選んで試していることについて、語学オタクのママには呆れられて驚かれているのですが、この教材に限ってはなかなか面白そうだと言われました。

頑張ってみます。

f:id:bokipapa:20170206173426j:plain

f:id:bokipapa:20170206173431j:plain

プライムイングリッシュの詳細はこちら

まとめ

恥ずかしがって話さなければいつまでたってもできるようにならないので、こっそり学びながら、ちぇぶちゃんにどんどん積極的に英語で話しかける機会を作っていこうと思っています。

ページトップへ戻る