新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

幼児ポピー「あかどり」の教材をまとめてみました。


年中さん(4歳から5歳)向けの幼児用教材、幼児ポピー「あかどり」をご紹介します。

幼児ポピー「あかどり」は、わが家の娘ちぇぶちゃんが昨年(2017年)の4月、3歳5か月の時から始めました。

幼児ポピー「あかどり」は、好奇心が旺盛で、手先も器用になり、できることもどんどん増えて、何でも自分でやってみたくなる、そんな年中さん(4歳から5歳)向けにプログラムされた教材。

1歳年上の「あかどり」は、ちょっと難しいかな…?と初めは心配したものの、すでに年少用の「きいどり」を終わらせていたちぇぶちゃんにとっては、難易度が難し過ぎず、やさし過ぎず、ぴったりだったようです。(「きいどり」は2017年3月まで受講)

幼児ポピー「あかどり」の詳細を公式サイトで見てみる

幼児ポピー「あかどり」

幼児ポピー「あかどり」のメイン教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント学習タイプの教材「ドリるん」(42ページ)の2冊。

「ドリるん」には約30問収録されており、「わあくん」と合わせるとかなりのボリュームになります。

教材は2月号まで到着済みで、4月から2月までの、わあくんとドリるんを並べてみるとこんな感じに…。

f:id:bokipapa:20180125134710j:plain

▼積み重ねるとこんな感じ。

f:id:bokipapa:20180125134715j:plain

これを10か月間続けてきたちぇぶちゃん。わが子ながら本当にすごい!

ちなみに、ちぇぶちゃんの場合、教材をイヤイヤやらされることはほとんどなく、いつも「やりたい!やりたい!」という感じで楽しそうに取り組んでいました(本当ですよ!)。

これだけのボリュームと楽しい内容で、月980円(税込)!

もし、自分が「子どもにどんな教材をやらせればいい?」と聞かれたら、迷わずポピーをおすすめします。

幼児ポピー「あかどり」の詳細を公式サイトで見てみる

幼児ポピーあかどり 4月号

各月ごとの内容をざっとまとめてみました。

まずは4月号から。

 

メイン教材の「わあくん」と「ドリるん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみ、えあわせカードが入っていました。

f:id:bokipapa:20170323142539j:plain

年少用の「きいどり」は、絵本や読み物、ワークが一冊になり、毎回65ページという分厚い冊子でしたが、年中用の「あかどり」では、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)、いわゆるプリント学習用の教材「ドリるん」(42ページ)の2冊になり、内容がさらに充実してきました。

f:id:bokipapa:20170323144451j:plain

「わあくん」の読み物は文字数も多く読み応えがあり、「ドリるん」も各ページがオールカラーでとてもきれいなので、「遊び」感覚で楽しく取り組めそうです。シールを貼りながら回答する問題と鉛筆で書いて回答する問題が半々くらいで、「きいどり」からの移行もスムーズにできそうなところが気に入りました。

わあくん

「わあくん」4月号の表紙。

進級などで新しいスタートを切る子どもを応援してくれているような明るい絵ですね。

f:id:bokipapa:20170323144250j:plain

「わあくん」の表紙を使ってお話しを聞かせることで、ミニ紙芝居ができるようになっています。

f:id:bokipapa:20170323144800j:plain

「もくじ」です。

自然やお話、生活などテーマごとに読み物が収録されています。絵を見て考えたり、手品師になったり、シールを貼ったり楽しみながら学ぶことができます。

f:id:bokipapa:20170323144511j:plain

ドリるん

「ドリるん」4月号。

f:id:bokipapa:20170323145006j:plain

「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに約34問、問題が収録されています。年中向けということで、今までよりも難易度が上がってきたなという印象。

f:id:bokipapa:20170323145030j:plain

「ドリるん」の裏表紙には、鉛筆の持ち方のアドバイスもありました。

f:id:bokipapa:20170323145528j:plain

 

幼児ポピーあかどり 5月号

 

5月号です。

メイン教材の「わあくん」と「ドリるん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20170420210007j:plain

年中用の「あかどり」は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)、いわゆるプリント学習用の教材「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20170420210023j:plain

ちぇぶちゃんは「わあくん」と「ドリるん」ともに各ページがオールカラーで楽しく感じられるようです。シールを貼りながら回答する問題と鉛筆で書いて回答する問題が交互に登場するので、大変すぎず簡単すぎることもなく、ちょうどいい難易度なのかもしれません。

わあくん

「わあくん」5月号の表紙。

遠足に行ってお弁当を食べているところが描かれています。ちぇぶちゃんが通うインターナショナルスクールでも5月は遠足が予定されているので、タイムリーな内容。

自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。絵を見て考えたり、手品師になったり、シールを貼ったり、楽しみながら学ぶことができます。

f:id:bokipapa:20170420210038j:plain

ドリるん

「ドリるん」5月号。

f:id:bokipapa:20170420210054j:plain

「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに34問、問題が収録されていました。実際にやってみると、なかなかのボリュームでした。

f:id:bokipapa:20170420210109j:plain

幼児ポピーあかどり 6月号

6月号です。

このとき、ちぇぶちゃんは3歳6か月。カラフルなあかどりが大好きで、私が「そろそろ終わりにしようか?」と言っても聞かず、一日に10ページ以上も進めることがあります。

メイン教材の「わあくん」と「ドリるん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみ、さらに「親子のほどよい距離感」チェックが入っていました。

f:id:bokipapa:20170521105409j:plain

年中用の「あかどり」は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)、いわゆるプリント教材・ドリル教材の「ドリるん」(42ページ)の2冊。年少用「きいどり」と比べると、質量ともに増え手応えのあるものになっています。

f:id:bokipapa:20170521105426j:plain

ポピーの教材はオールカラー。紙も厚めで、多少乱暴に扱ってもびくともしません。やり終えた教材は絵本棚にしまっておくと、たまにちぇぶちゃんが手に取って眺めている…ということもあります。

わあくん

「わあくん」6月号の表紙。梅雨をイメージしたイラストになっています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「あめのひのおさんぽ」「かたつむり」など…。柳沢運動プログラムは、4月号からさかのぼってやっていくつもりです。

f:id:bokipapa:20170521105440j:plain

f:id:bokipapa:20170521105452j:plain

毎回楽しみにしている「わあくん」に収録されている篠原先生のコラム、今月は「体が大切」。ためになりますね。

ドリるん

「ドリるん」6月号の表紙。

f:id:bokipapa:20170521105501j:plain

「ドリるん」6月号には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに32問収録されています。

f:id:bokipapa:20170521105511j:plain

 

幼児ポピーあかどり 7月号

 

7月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20170621171856j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20170621171904j:plain

ポピーの教材はオールカラー。親しみやすいキャラクターがたくさん登場するので、本文を眺めているだけでも楽しそうです。

わあくん

「わあくん」7月号の表紙。夏の森をイメージしたイラストになっています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「ようこそ むしむしランドへ!」「なつの やさい」「うみの みずは なぜ からい?」など夏にちなんだテーマが収録されています。

f:id:bokipapa:20170621171900j:plain

f:id:bokipapa:20170621173603j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」7月号の表紙。

f:id:bokipapa:20170621171908j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに33問収録されていました。

f:id:bokipapa:20170621171912j:plain

 

幼児ポピーあかどり 8月号

8月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20170719110240j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20170719110343j:plain

ポピーの教材はオールカラー。親しみやすいキャラクターがたくさん登場するので、本文を眺めているだけでも楽しそうです。

わあくん

「わあくん」8月号の表紙。夏の海辺をイメージしたイラストで、砂浜が描かれています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「はっちゃんの おすし すごろく」「ようかいが いっぱい!」「とうもろこしの ひみつ」など、楽しそうなテーマがつまっています。

f:id:bokipapa:20170719110401j:plain

f:id:bokipapa:20170719110412j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」8月号の表紙。

f:id:bokipapa:20170719110424j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに34問収録されていました。

f:id:bokipapa:20170719110440j:plain

 

幼児ポピーあかどり 9月号

 

9月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20170824121227j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20170824121241j:plain

ポピーの教材はオールカラー。親しみやすいキャラクターがたくさん登場するので、本文を眺めているだけでも楽しそうです。

わあくん

「わあくん」9月号の表紙。お月見をイメージしたイラストで、夜ののんびりした風景が描かれています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号も、「おでかけ シュッシュッ ポッポ!」「おくち ぱくぱく ありがとうカード」「くらべっこ」など、楽しそうなテーマが盛りだくさんです。

f:id:bokipapa:20170824121300j:plain

f:id:bokipapa:20170824121313j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」9月号の表紙。

f:id:bokipapa:20170824121325j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに34問収録されていました。

f:id:bokipapa:20170824121339j:plain

 

幼児ポピーあかどり 10月号

 

10月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のミラーシート、だんごむらだよりが入っていました。

f:id:bokipapa:20170920141549j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20170920141656j:plain

ポピーの教材はオールカラー。親しみやすいキャラクターがたくさん登場するので、本文を眺めているだけでも楽しいです。

わあくん

「わあくん」10月号の表紙。10月ということでハロウィンをイメージしたイラストになっています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号も、「かがみで あそぼ」「どーこだ?」「ふしぎな き」「へっこきよめさん」など、楽しそうなテーマが盛りだくさんです。

f:id:bokipapa:20170920141809j:plain

f:id:bokipapa:20170920141929j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」10月号の表紙。

f:id:bokipapa:20170920142050j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに31問収録されていました。

f:id:bokipapa:20170920142110j:plain

 

幼児ポピーあかどり 11月号

 

11月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、特別教材「それ なんですカード」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20171021065429j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20171021065444j:plain

ポピーの教材はオールカラー。全ページ色鮮やかで子どもの目を惹きつける内容になっています。

わあくん

「わあくん」11月号の表紙。秋をイメージしたイラストになっています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号も、「おちばと きのみを みつけよう!」「かげえで あそぼう!」「おいしい おいも みーつけた」「さるかにがっせん」など、楽しそうなテーマが盛りだくさんです。

f:id:bokipapa:20171021065502j:plain

f:id:bokipapa:20171021065510j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」11月号の表紙。イチョウの葉やドングリが描かれています。

f:id:bokipapa:20171021065524j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに31問収録されていました。

f:id:bokipapa:20171021065536j:plain

ほほえみお母さん

保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」。

11月号に掲載のヒゲおやじ先生こと篠原菊紀先生のコラム「遺伝の影響の研究」はとても参考になる内容でした。

f:id:bokipapa:20171021065547j:plain

f:id:bokipapa:20171021065602j:plain

 

幼児ポピーあかどり 12月号

 

12月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。

f:id:bokipapa:20171121120216j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20171121120600j:plain

ポピーの教材はオールカラー。全ページ色鮮やかで、子どもの目を惹きつける内容になっています。

わあくん

「わあくん」12月号の表紙。大きなイチゴをのせたクリスマスケーキが見えますね。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「みんなに プレゼント」「クリスマスツリーを つくろう!」「ばいばい ばいきーん!」「みかんで つくろう!」など、楽しそうなテーマが盛りだくさんです。

f:id:bokipapa:20171121120828j:plain

f:id:bokipapa:20171121121029j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」12月号の表紙。クリスマスリースが描かれています。

f:id:bokipapa:20171121121228j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに31問収録されていました。

f:id:bokipapa:20171121121411j:plain

 

幼児ポピーあかどり 1月号

 

1月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。 

f:id:bokipapa:20171220222621j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20171220222652j:plain

ポピーの教材はオールカラー。全ページ色鮮やかで、子どもの目を惹きつける内容になっています。

わあくん

「わあくん」1月号の表紙。大きなかまくらの中のコタツでくつろいでいる様子が描かれています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「おしょうがつあそび だいとくしゅう」「もふもふ もこもこ」「えびの こしは なぜ まがったか」「できるように なりたいな!」という内容でした。

f:id:bokipapa:20171220222714j:plain

f:id:bokipapa:20171220222736j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」1月号の表紙。

f:id:bokipapa:20171220222751j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに27問収録されていました。

f:id:bokipapa:20171220222814j:plain

 

幼児ポピーあかどり 2月号

2月号です。

メイン教材の「ドリるん」、「わあくん」、保護者向けの冊子「ほほえみお母さん」、付録のいろがみが入っていました。 

f:id:bokipapa:20180124145357j:plain

年中用「あかどり」の教材は、絵本や読み物が収録されている「わあくん」(35ページ)と、いわゆるプリント教材・ドリル教材に相当する「ドリるん」(42ページ)の2冊です。

f:id:bokipapa:20180124145451j:plain

ポピーの教材はオールカラー。全ページ色鮮やかで、子どもの目を惹きつける内容になっています。

わあくん

「わあくん」2月号の表紙。大きなかまくらの中のコタツでくつろいでいる様子が描かれています。

「わあくん」には、自然やお話、生活など、テーマごとに読み物が収録されています。今月号は、「せつぶん」「ゆき」「かみを ちょきちょき」「おなら げっぷ くしゃみ あくびの ひみつ」「くものすごっこ」「こびとと くつや」「だじゃれブック/かずとのめいろ」という内容でした。

f:id:bokipapa:20180124145512j:plain

f:id:bokipapa:20180124145626j:plain

ドリるん

こちらは「ドリるん」2月号の表紙。

f:id:bokipapa:20180124145642j:plain

「ドリるん」には、「かず」「ことば」「もじ」「ちえ」といったテーマごとに30問収録されていました。

f:id:bokipapa:20180124145909j:plain

 

▼4月からは年長向けの「ポピっこ あおどり」。小学校の入学準備につながる内容ということで、少し難しくなりそう。でも楽しみです。

f:id:bokipapa:20180124145954j:plain

 

▼月刊教材ポピー の申込みや無料お試し見本の請求はこちら。 

幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!

 

 ※幼児ポピー 関連記事