読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

大河ドラマ 真田丸 第7回「奪回」のあらすじ(ネタバレ)

真田丸 ドラマ映画テレビ

大河ドラマ 「真田丸」 第7回「奪回」

岩櫃城と沼田城を奪い返すと宣言した昌幸(草刈正雄さん)。人質に取られているとり(草笛光子さん)、きり(長澤まさみさん)を無事救出することができるでしょうか。

NHKの番組表によると

本能寺の変後の混乱に乗じて、昌幸(草刈正雄)は領地の奪回を狙う。滝川一益(段田安則)と北条氏政(高嶋政伸)が戦っているすきに上州の沼田城と岩櫃城を取り戻す。信繁(堺雅人)は一益に人質に取られていた祖母とり(草笛光子)、きり(長澤まさみ)を救出するため小諸城に潜入。信繁の知恵で成功するかに思われたが…。勢いに乗る北条に周囲の国衆たちがなびく中、昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に会いに行くことを決意する。

というのが今回の詳細。

まさか人質を「奪回」できなかったということなのかな?と不安になります。

第7回「奪回」あらすじ

天正10(1582)年6月18日、上野の神流川で北条軍と戦い、北条の大軍の前に敗北し総崩れとなった滝川軍は箕輪城へ敗走します。

真田が領地を取り戻す絶好の機会。昌幸(草刈正雄さん)は人質に取られているとり(草笛光子さん)を救出するため、沼田城に兵を送り城を奪回します。ところが、肝心のとりは見つかりません。とりは滝川一益(段田安則さん)が箕輪城に引いた際、一緒に連れて行かれていたのでした。

昌幸は、沼田城を矢沢頼綱(綾田俊樹さん)、岩櫃城を信幸(大泉洋さん)に任せ、自身は信繁(堺雅人さん)を連れて箕輪城に乗り込みます。滝川一益は負け戦の最中、真田が沼田城と岩櫃城を取り返したことにまだ気づいていないだろうと見込んでの策ですが、ウソをついていると一益に知れたら大変ですね。

昌幸と信繁が箕輪城に入ると、真田が援軍に来たと誤解した一益が満身創痍の姿で出迎えます。一益は、これから本領の伊勢に帰る、滝川勢が無事に信濃を抜けるまでは人質のとりを預かっていたいと言います。昌幸は断れず、一益と別れの杯を酌み交わすことになります。

信繁は、 矢沢三十郎(迫田孝也さん)と城の奥に忍び込み、人質のとりときりを見つけました。「必ず助け出す」と約束し、信繁たちはいったん引き上げます。

昌幸が一益と酒を酌み交わしていると、一益が「岩櫃城と沼田城を二つとも返そうと思う」と話し出し昌幸は驚きます。一益は織田家の立て直しが急務であるとし、上野と信濃はそれぞれの国衆に返すというのです。

酒宴が終わると、後ろめたい昌幸は信繁に事の次第を話します。

「わしは嘘ばかりついているからな。このことが知れたら、一益様も怒りに火がつくだろう」

案の定、真田が沼田城と岩櫃城を奪回したことは一益の耳に入り、昌幸の嘘はすぐにバレてしまいます。

翌日、一益は箕輪城を出て、小諸城に入ります。小諸城には滝川の兵と小諸城の兵が入り混じっている。信繁はそこを狙い、とりたちを救い出す作戦です。

夜、信繁と三十郎は城に忍び込み、小諸城の兵士に対しては滝川の家臣を装い、 人質の居場所を突き止めます。見張りの滝川の武士に対しては小諸城の兵に成りすまし、あと少しでとりときりを救い出せるところでしたが、結局素性がバレて一益に捕らえられてしまいました。真田は一益の信頼を失い、信繁、三十郎、とり、きりの四人は人質として木曽谷を支配する木曽義昌(石井愃一さん)の居城・木曽福島城に送られます。

義昌は人質を見回すと、横柄な態度で「いずれわしは大名になる」と豪語しますが、人質の中にとりの姿を見つけると表情を変えます。その後、義昌は信繁たちの部屋にやってくると、とりにあいさつし平身低頭しています。とりは義昌が子どものころからよく知っているような存在でした。

結局、義昌ととりが話をつけ、とりは人質として残り、信繁はきりを連れて真田の郷に帰ることになります。

真田屋敷に帰った信繁は、またしても人質を連れ帰れず、すっかり自信をなくしてしまいます。信幸(大泉洋さん)は、奪回した岩櫃城と真田屋敷の留守まで任されて手いっぱいで信繁に何も言ってやることができませんでした。

その頃、昌幸は上杉景勝(遠藤憲一さん)に会いに行き、信濃は上杉に敵対しないと宣言します。「真田は、上杉の兵。力を合わせて北条から信濃を守りましょう」という昌幸に景勝は「わかった。共に戦おう」と答えます。

景勝からよい返事をもらった昌幸は信尹(栗原英雄さん)と落ち合い、「頼んだぞ」と声をかけます。昌幸が上杉に近づいたのは、昌幸の計略だったのです。

真田屋敷に戻った昌幸は、とりの救出に失敗した信繁を叱りつけます。信繁がしくじるのは、勘に頼りすぎるからだ。でもくそ真面目な信幸と違い面白い。面白いお前にもう一つ仕事を任せようといい、密命を与えます。

昌幸は、元は武田家臣で今上杉家につかえる春日信達を調略し、北条に寝返らせろと信繁に言います。昌幸は表向きは上杉につき、裏では北条につこうという腹。これは北条に服属する際に真田を少しでも有利な立場にするための作戦でした。

この調略は次回に続きます。

 

▼英語版のSanada Maru のサイト。

第7回感想

信繁が人質を奪回できずに一時はどうなるのかと思いましたが、ゴッドマザーのような存在感を見せるとりのおかげできりを連れて真田に帰ることができましたね。とりは木曽に残ることになってしまいましたが、無事でいて欲しいです。父の昌幸の思惑がころころ変わっているように見えるので、これから真田がどうなっていくのかハラハラします。

いつの間にか、徳川家康と取り巻きの人たちが出てこないのがちょっとさみしく感じてしまうようになりました。

次回の「調略」の内容が一体どういうものなのか、楽しみにしようと思います。

 

▼参考になりそうな本やDVDなど。

真田幸村 日本一の兵 [DVD]

真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 真田丸 (NHKシリーズ)

NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸 (JTBのムック)

ジュニアエラ 2016年 02 月号 [雑誌]

※関連記事 

週刊ジュニアシリーズ 週刊マンガ日本史 改訂版(49) 2016年 2/7 号 [雑誌]

真田太平記 完全版 第壱集 DVD-BOX 全6枚セット

真田太平記 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚セット

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット

マンガで読む真田三代

▼kindle版が安いので買ってみました。

学研まんが人物日本史 真田幸村 大阪冬の陣 夏の陣 [Kindle版]