新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

コンサートでステージ上で演奏するのと、客席で座って聞いているのとでは、置かれている状況が全く異なる。


立場が変わることで、感じ方が180度変わるものはいろいろ考えられるけれど、例えば、オーケストラのコンサートでステージ上で演奏するのと、客席で座って聞いているのとでは、全く違う。

客席に座って聞くだけでも、いわゆるクラシックの場合、咳もガマンして静かにしていなければならなかったり、聞く側にも大変さはあるが、ステージ上で演奏する大変さに比べれば大したことはない、と思う。
演奏する側は、毎日厳しいトレーニングを行って本番に備えた上、プレッシャーにさらされながら演奏を行うことになるんだから。
 
子育てもこれに似たところがあるように思う。育児の大変さをただ話に聞くのと実際に子育てを経験するのとでは、音楽を聴くだけと人前で演奏するのと同じくらい、いやそれ以上のギャップがあるかもしれない。
 
子どもができる前は、子育てにはお金がかかるとか、赤ちゃんは夜泣きするから大変とか、そんな貧弱なイメージしか持っていなかった。そんな話を聞いても他人事でまさか自分が そんな目に遭うとは・・・いや、貴重な経験ができるとは思ってもみなかった。
実際に今から1年前は子どもが産まれて子育てに追われる毎日になるなんて想像もできなかったし、実際には妻の出産に立ち会い、彼女の痛みに耐える姿を見て大変な思いをして産まれてきてはじめて、ようやく父親としての自覚が芽生えてきたように思う。
男性は女性よりも親としての自覚ができるのが遅い傾向にあるそうで、自分が異常というわけではなかったんだと知って、安心している場合ではない。
 
母親は毎日赤ちゃんと体当たりで接していくことになるが、父親はそんなに長時間一緒にいられないことが多く、いいとこ取りをする結果になってしまいがちだと思うが、何とかうまいやり方を見つけていきたい。

ページトップへ戻る