読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

2015年のレゴカタログからカタログ落ちする前に入手しておきたいデュプロ作品

レゴデュプロ おもちゃ レゴ

レゴ デュプロブロックは赤ちゃんの小さな手にも扱いやすい大きなサイズ。1歳半から5歳まで長く遊ぶことができます。デュプロはレゴが子どもの遊びを研究した成果ともいえるおもちゃで、知育にも役立ちます。

ただ、デュプロなら何でもいいかというとそうではありません。わが家の一人娘ちぇぶちゃんには1歳ごろからデュプロを触らせていました。その遊んでいる様子を観察していると、反応のいいものもあれば、あまり楽しそうにしていないものもあることがわかってきました。

ブロックはいったん箱から出してしまえば、あとは混ぜて遊ぶのでどのセットに入っていたかはあまり関係なくなります。そうするとブロック一つひとつの形や色によって小さい子でも興味を持って触りたがるブロックもあればあまり興味を持たれず放っておかれるブロックがあるということがわかってきます。(もちろん、放っておかれるブロックでも工夫すれば楽しく遊べます。)

ですから、そのセットにどんなブロックが入っているかということが実は一番重要で、「このブロックがあるからこのセットを買う」というように選ぶべきなのです。

デュプロはよく出来たおもちゃですが、カタログ落ちして生産終了品(廃盤品、絶版品などともいう)となってしまうと、価格が上がって入手困難になってしまうという残念なところがあります。子どものおもちゃなので、評判のよいセットは定番商品として常に販売して欲しいのですが、レゴも慈善事業ではないのでなかなかそうもいかないのかもしれません。

いったん生産終了となってしまってから再生産されることはほとんどないので、あとから「これが欲しかったのに!」と悔しい思いをすることになってしまいます。Amazonレビューでもいろんな人が書いておられますが、デュプロもレゴと同じで「迷ったら買った方がいい」「なくなる前に早めに入手しておいた方がいい」ということがいえます。(本当に!)。

レゴはちょっと価格が高めですが、これから5年以上(あわよくば10年)は使えると思うので、コスパはいいんですね。実は今ちぇぶちゃんと毎日シンデレラのお城を組み立てています。恐らくデュプロとレゴが大好きな女の子になってくれるはず…(ならなかったりして)。でも自分が楽しいからいいけど。

ここでは娘のためにデュプロを集めまくっている新米パパが、2015年レゴカタログの中から、カタログ落ちする前に入手しておきたいおすすめのセットをいくつか紹介してみることにします。

このブロックがあるから欲しいというおすすめセット

消防ホースと巻き取り機

f:id:bokipapa:20151103145321j:plain

男の子向けのこのページからは、消防署と消防車の2つ。

この消防ホースと巻き取り機はうちの娘(1歳11か月)のお気に入り。巻き取り機をカチカチさせて回して飽きずに遊んでいます。(たった1個のブロックでも楽しく遊ぶ簡単な方法)このパーツはこの2つのセットにしか入っていません。

おそらくここから遊びがひろがっていくのでしょう。とても楽しみ。

消防署は真っ赤なレンガを積み上げて建物を作れるので、セットとしても優秀です。赤いブロックは小さな子どもの目を引くようで、手に持って遊ぶことも多いです。

f:id:bokipapa:20151103191842j:plain

f:id:bokipapa:20151103191900j:plain

レゴ デュプロのまち 消防署 10593

レゴ デュプロのまち 消防車 10592

数字ブロックとまるいブロック

f:id:bokipapa:20151103145433j:plain

はじめてのデュプロシリーズが掲載されているこのページからは、かずあそびトレインアイスクリームあそびセットがおすすめです。

娘のちぇぶちゃんは、絵や文字がプリントされたブロックが特に大好き。

ブロックを初めて触るようになったころから「何が描いてあるんだろう?」という感じでプリントブロックを手に持って興味深そうに眺めていました。もしかすると、プリントブロックがブロック好きになるきっかけだったのかもしれません。

プリントブロックの中でも、特にかずあそびトレインに入っている1から10までのすうじがプリントされたブロックは、数を数える練習にも使えて本当に役立ちます。

デュプロではありませんが、デュプロと互換性のある ブロックラボ アンパンマンすうじブロックなども素晴らしいと思います。わが家にはアルファベットとひらがなブロックがありますが、どちらも大活躍です。

f:id:bokipapa:20151103210242j:plain

レゴ デュプロ かずあそびトレイン 10558

ブロックラボ アンパンマンすうじブロック

ブロックラボ アンパンマンえいごブロック

ブロックラボ アンパンマンひらがなブロック

丸いブロックはくっつけやすいので、はじめてのブロック遊びの練習に非常に適しています。赤ちゃんの手にも優しく色もきれい。

丸いブロックが6つも入っているアイスクリームあそびセットもおすすめです。これだけでいろんなアイスクリームを作ることができます。娘はこのセットがおままごとなどのごっこ遊びにはまるきっかけになりました。

f:id:bokipapa:20151103195344j:plain

レゴ デュプロ アイスクリームあそびセット 10574

f:id:bokipapa:20151103145329j:plain

1から5までのすうじブロックが入っているミッキーとミニーのバースデーパレード もおすすめです。かずあそびトレインに入っているすうじブロックとは少し形が異なっていて、こんな風に階段を作って遊ぶこともできます。ちぇぶちゃんは最近このすうじブロックの階段を見て「かいだんかいだん、1、2、3、4、5」などと数えられるようになってきました。

f:id:bokipapa:20151103210735j:plain

レゴ デュプロ ミッキーとミニーのバースデーパレード 10597

おなじ数字ブロックはみどりのコンテナスーパーデラックスにも入っています。

レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580

ごっこ遊びができるセット

f:id:bokipapa:20151103145356j:plain

女の子向けのデュプロが並ぶこのページからは、プレイハウスがおすすめです。

大きな壁や床、天井、屋根があると、おうちやお部屋を簡単に作ることができて、ごっこ遊びが楽しくなります。お人形もたくさん入っていますし、トイレやお風呂のパーツも楽しく遊べます。

プレイハウスは価格が徐々に上がりつつあるので、今がラストチャンスかもしれません。ヤフオクで壁のブロックを入手するというのもいいかもしれません。

※プレイハウスでおうちごっこをしている娘の様子を書いたママのブログ

1歳児、デュプロブロックのプレイハウスでおうちごっこ。 ~ Lego Duplo 10505 Play House Review - Mum's the word ! 新米ママの独り言。

f:id:bokipapa:20151103213007j:plain

レゴ デュプロ プレイハウス 10505

レゴ デュプロ ぼくじょう 10500

キャラクターもの

f:id:bokipapa:20151103145408j:plain

女の子向けのデュプロにはディズニージュニアのセットがあります。アニメや絵本と一緒に楽しめるので、キャラクターものはおすすめです。

すでにカタログから落ちてしまっていますが、デュプロのシンデレラのお城は復活して欲しいセットナンバー1。

デュプロブロックでここまで美しくダイナミックなセットは2度と出ないのではないでしょうか?

レゴ デュプロ プリンセス シンデレラのお城 6154

シンデレラのお城がカタログ落ちしてしまったのですが、ちいさなプリンセスソフィアの王さまのおしろがあります。このセットはソフィアとアンバーとお姫さまの人形が2体もついていて、色が紫系で珍しいものです。階段のデザインが素晴らしいです。

レゴ デュプロ ちいさなプリンセス ソフィア 王さまのおしろ 10595

新米パパいちおしは男の子向けのおしろ。これは素晴らしいので手に入るうちに買っておいたほうがいいと思いますよ。

レゴ デュプロ おしろ 10577

以上、カタログ落ちする前に入手しておいた方がいいデュプロ作品でした。