読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

『育脳Comoキッズ英語編』にあのタエさんが登場、そしてわが子はじめての高熱


最近発売されたムック『育脳Comoキッズ英語編』

「子どもの英語」はじめかた・つづけかた

と題して英語子育てインタビュー記事が載っています。

元TBSアナウンサーの小島慶子さん、タレントのユージさんに続いてタエさんこと喜田悦子さんの名前があったことに驚きました。

タエさんは、ご自身の著書『お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話』を出された後、最近その書籍化の元となったブログ「3才からのえいご/お金をかけずに国産バイリンガル!」を閉鎖されてしまっていたからです。

3才からのえいご/お金をかけずに国産バイリンガル!

 

お元気そうで良かったです。

タエさんのインタビュー記事は4ページに渡るもので、英語育児を始めるきっかけや英語育児の進め方についてきれいにまとめられていました。印象的だったのは、その中で息子の輪さんに「英語という道具をプレゼント」することができたというところでした。

帰国子女でもバイリンガル家庭でもインターナショナルスクール育ちでもない男の子が、小5でTOEIC920点、小6で英検1級を取得

という紹介文を読むと、タエさんのように英語育児を続けていくことの素晴らしさをを感じます。誰でも簡単にできることではないですよね。

 

ところで、そんなタエさんのプロフィールに、今年(2015年)「1月より幼児教室「ベビーパーク」の顧問に就任」と書かれていてたまげました。

ベビーパークは、「こころの知能指数」と呼ばれるEQを育みつつ3歳までにIQ140以上を目指す幼児教室とのことで、ここの英語育児部門を担当されるようです。

日本中に教室があるんですね~。

 

平均IQ140のベビーパーク

 

面白いところでは「お金をかけずに英語を身につける方法」も分析されていました。それからいろいろな英会話教室が紹介されていたので、今もしくは将来お子さんを教室に…と考えている親御さんには参考になるかも。

率直に言うと、このムックは他のシリーズに比べて広告が多めで記事の内容も冒頭のインタビュー以外はやや薄めというか、英語育児についていろいろ調べている自分としては目新しい内容はなかったかな。

 

ちぇぶちゃん、初めての高熱!

昨日の診察では突発性発疹ではないか…ということで、しばし様子見です。何しろ生まれて初めての高熱ということで、新米パパ・ママは心配でなかなか眠れそうにありません。詳しくは後日また。