新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

プレジデントファミリー2015年春号の特集は「受験激変! 親が知らないと大損する5つのこと」


相当なフライングではないかと思われるかもしれませんが、元高校・予備校講師の自分としては受験や進路の話題は結構気になるので、こんなタイトルがついているとつい手に取って読んでしまいます。

受験激変! 親が知らないと大損する5つのこと

プレジデントファミリー 2015年春号特集のタイトルです。

わが子ちぇぶちゃんは今まだ1才ですが、数年後に教育や学校の仕組みが大きく変わるとすればその影響をもろに受けるので他人事ではいられない話題です。

子どもを持つ親が気になる記事が満載ですが、中でもどうしてその学校を選んだの? 頭のいいパパママの「わが子の進路戦略」は必見です。前参議院議員の田村耕太郎さん、元国連職員の大崎麻子さん、大学教授の三谷宏治さん、塾経営宝槻徹さんといった方々が登場され、それぞれの進路戦略を紹介されています。

子どもが小さいうちからどのような進路に進ませるかについて勉強し、しっかり考えておかないとまさに「親が知らないと大損」しかねないと思いました。

また、わが家と何が違うのか、わたしはこうして息子3人を全員、東大医学部に入れましたでは、「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方を書かれた佐藤亮子さんのご家庭のリビング兼勉強部屋の様子を写真で見ることができます。勉強の最大の敵は勉強部屋という考え方は非常にユニークだと思いました。

他にも毎月家族旅行でトップ校合格!アルファベットだけの小3がロンドン短期留学など、気になる記事が目白押しで、季刊になってもなお買って損することのない中身の濃い雑誌だと思います。

「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

 

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

プレジデントFamily (ファミリー)2015年 04 月号「受験激変」

 

目次

受験激変! 親が知らないと大損する5つのこと

    いま手を打てば、まだ間に合う!「黒船襲来」10年後に得する子、損する子
        小学校が変わる。いまどうするか
             「小学校英語教科化」にはどう対応すればいいの?
              1人1台iPad、逆転授業。IT化する授業、うちの子大丈夫?
        中・高が変わる。いまどうするか
             「中学受験」か「高校受験」か。どちらが有利になる?
        大学が変わる。いまどうするか
             「センター試験廃止」で、トップ大学に入れるのはどんな子?
             18歳人口が激減する「2018年問題」で生き残る大学とは?

    七賢人に聞いてみました。これからの時代に必要な「生きる力」って、結局何なのさ?

        どうしてその学校を選んだの?頭のいいパパママの「わが子の進路戦略」
        1年間泣いていましたが、今では……
        ISAK、海陽、渋渋
        国際派学校に通わせた父母の理由

        わが家と何が違うのか
        わたしはこうして息子3人を全員、東大医学部に入れました

        内田樹先生が怒っています
        国立大学改革亡国論「『文系学部廃止』は天下の愚策」

        ミスマッチで泣く子が増えています。
        入って後悔!? 人気学部の理想と現実

        合否を決めるのは中学生からの過ごし方
        超実践編 米国トップ大学の入り方

        20年以内に、今の職業の47%が消える!?
        人気職種はどう変わる「わが子の未来」予想図

    苦手を得意に変える魔法の声掛け
    国語・算数・理科・社会・英語「オール5」BOOK

    ゴールデンウイークにわが家も実践
    「毎月家族旅行」でトップ校合格! ワクワクドキドキで勉強も心も磨かれました

    2週間で、ちょっぴり大人になったかな
    アルファベットだけの小3がロンドン短期留学

    教育ルポ◎金銭教育ってどうやればいいの?
    家庭内通貨を作ったお坊さんパパ

    震災から4年。命を守るスキルを学ぼう
    親子でトライ! 「安心が育つ」防災レッスン

    中学受験スペシャル

    悔しい思いが糧になる
    不合格に泣いて、キミは大人になった

    春に始めればグンと差がつく
    親の時間管理が勝負を分ける!
    簡単合格スケジュール
    BOOK in BOOK

        30年間の栄枯盛衰が一目でわかる
        全国名門ライバル対決
        伸びた学校 沈んだ学校

        ファミリー満点塾
        「漢字」完璧ドリル

    あの人の子育て拝見

    西原理恵子
    留学に行った息子よ、母ちゃんは寂しい!

    未来の泰斗
    「奈良岡功大」僕はこれで食っていく
    連載

        暮らしの設計図
        勉強部屋が片付きません。

        やさしいマネー学
        NISAって実際、お得なんでしょうか?

        解決! 親子クリニック
        おなかが張る不快感は○○が原因だった!
        なぜ小学生スポーツのスター選手は故障しやすいのか

        食育のススメ
        食が細い子こそ低脂質、高タンパクに

        いまさら基本塾
        正しい座り方は、「背筋ピン」ではなく「お尻をグイッ」

        ファミリーライブラリー〈図書編〉上橋菜穂子
        「禁止令」が出てますます燃え上がった読書熱
        まついなつきの勉強占い

 

おまけ・なぜかウラに哺乳瓶の広告が…

ところでこの雑誌の最後のページにこんな哺乳瓶の広告が。この雑誌のターゲット層向けではないような気もしますが、ちぇぶちゃんが生まれた頃こんな哺乳瓶はあったかな? 気になったので今後の参考にメモしておきます。

yoomi 温めながら授乳できる高機能哺乳びんスターターセット240ml

哺乳びん・ウォーマー・ポッドがセットになっていて、いつでも、どこでも、ミルクを温められる哺乳瓶だそうです。

yoomiは電源要らずでミルクを適温にしながら授乳できる哺乳びんです。
ウォーマーをチャージしておき、使いたいときにボタンを押せば60秒でボトル内のミルクを授乳に最適な32~34℃に温めながら飲ませることができます。
母乳は40度を超えるとせっかくの栄養や免疫が破壊されてしまうので、搾乳母乳を再加温するのはとてもデリケートな作業。
yoomi哺乳びんは適温に温めながらの授乳なので、栄養や免疫が過加温で破壊される心配がありません。
母乳育児を続けたいけれど直接授乳できないときや、パパでも安心して授乳できます。
・イギリスのママのアイデアとパパの技術力から生まれたyoomiはウォーマーで国際特許を取得しており、現在世界20か国以上で販売されています。
・yoomi製品はイギリスFSAとDOHの承認をうけており、WHOのガイドラインに準拠しています。また、全EUと米国FDAの安全基準をクリアしています。
・yoomi乳首には6つの空気弁があり、赤ちゃんが空気を飲み込みにくくしています。
・yoomi製品はBPAフリーで赤ちゃんに安心です。

(amazon商品紹介より)

 

うーん、これはなかなか便利そう!

 

ページトップへ戻る