読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツの強烈な臭いもシャットアウト!驚異的な防臭能力を持つオムツ処理袋は新米パパの強い味方

ベビー用品・育児グッズ おむつ 育児・成長記録

パパになって初めて驚異的な防臭能力を持つビニール袋の存在を知る

知る人ぞ知る(!?)「驚異的な防臭能力を持つ」オムツ処理袋 BOS

ちぇぶちゃんが生まれた直後はBOSの存在を知らなかったため、別のオムツ処理袋を使っていたのですが、途中でこのオムツ処理袋BOSのことを知り使い始めてみるとその差は歴然。オムツ処理袋を入れるバケツもすっかり臭わなくなり、その効果に妻も驚きの声をあげていました。

パッケージによると、「医療開発から生まれた世界初の新素材」で特許出願済みとのこと。なんかすごそうです。

「驚異的な防臭能力を持っていますので、様々な用途にご使用いただけます」と自信あふれるお言葉。

f:id:bokipapa:20150716123535j:plain

様々な用途とは、使用済みオムツやペットのう〇ち、生ゴミを入れるのに使えるということ。いいですね。

f:id:bokipapa:20150716123546j:plain

これは現在使用中のわが家のBOS。

1枚ずつ取り出せます。

f:id:bokipapa:20150716123556j:plain

袋を取り出してみると、このようにピンク色をしています。

f:id:bokipapa:20150716123602j:plain

どこに防臭の秘密があるのか、よーく見てみても私にはわかりませんでした。

f:id:bokipapa:20150716123611j:plain

原料樹脂は「ポリエチレン」とされているだけで詳しいことはわかりません。

この「」に秘密がありそうです。

f:id:bokipapa:20150716123619j:plain

驚異の防臭袋を作っているクリロン化成株式会社さんのホームページによると

BOSは、臭いが漏れるスピードが非常に遅くなるように設計されています。BOSの場合、袋から漏れた臭い成分は極わずかなので、嗅覚閾値を超える前に拡散し、臭いを感じません。こうした臭いのメカニズムを利用して開発されたBOSは、鼻をくっつけても、ほとんどの人が臭いを感じない、驚異の防臭素材となっています

と説明されていました。

f:id:bokipapa:20150716125727p:plain

 

購入者のアンケート結果も好評でみなさん満足されているようです。

f:id:bokipapa:20150716125739j:plain

 

デメリットがあるとすれば…

このように臭わないため消臭袋としての性能に文句はないのですが、ひとつデメリットがあるとすれば、それはお値段がちょっと高いということですね。

わが家で使っているSサイズは200枚入りで1,890円です。

わり算をすると1枚当たり9.45円

それまで使っていたオムツ処理袋が1枚当たり約2円~3円だったので、なんと4倍になってしまいます。

そこで、わが家では小の場合は1袋に2回分大の場合は1袋で1回という感じで節約して使っています。こうすれば、割高感も多少は緩和されますね。

 

このおむつ処理袋、わが家ではビニール袋を引いたバケツに入れています。全く臭わないので驚きます。

これからますます暑くなるので、重宝しそうです。

 

f:id:bokipapa:20150716123940j:plain

 

驚異の防臭袋 BOS(ボス)Sサイズ大容量200枚入り 赤ちゃん用

驚異の防臭袋 BOS(ボス)Mサイズ45枚入り

※関連記事