読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

ドラマ「コウノドリ」第1話あらすじ(ネタバレ) 10月16日(金)よる10時放送予定

コウノドリ 出産エピソード Kindle ドラマ映画テレビ

いよいよ 10月16日(金)よる10時からTBS系ドラマ「コウノドリ」が始まりますね。

番組の公式ホームページによると、ドラマ第1話には「未受診妊婦」という言葉が登場します。コミック第1巻のTRACK1「受け入れ拒否」がそのままドラマの第1話になる模様。

第1話のあらすじ

コミックと同様、謎の天才ピアニストベイビーが満員の会場でライブ演奏を開始し、わずか開演10分でライブが終了してしまうというエピソードからドラマが始まるようです。突然ライブが終了した時の様子がドラマになるとどのように表現されるのか非常に興味深い。マンガだと音楽は聞こえないので、実際に流れる曲がどんなメロディなのかも楽しみ。

このピアニストベイビーの正体は、ペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛さん)。病院から彼に呼び出しが入ったため、コンサートを切り上げて急いで病院に戻ります。

呼び出しの理由は、救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入っていたこと。その妊婦は産科検診を受けておらず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」。病院にとって非常にリスクが高い存在です。恐らく現実にはこのようなケースでこの未受診妊婦を受け入れられる病院はなく、病院をたらい回しにされ母子ともに危険な状態になってしまうという事例なのでしょうが、これはマンガを元にしたフィクションなので、鴻鳥サクラは未受診妊婦の受け入れを決めます。

病院側の一般的な考え方としては「もしも何かあったら、ちゃんと診療を受けていた患者さんお赤ちゃんに影響が出る。だから受け入れることはできない」というもの。それに対して「でも未受診なのは母親のせいでお腹の赤ちゃんは何も悪くないだろ」と答える鴻鳥サクラ。

初めて読んだときは、先生カッコイイ!と思いましたが、よくよく考えてみると話はそう単純なことじゃないんですね。

私も妊婦健診にはほとんど全て妻に付き添って行きましたが、自分の妻や子どもに何か影響があったらと思うとゾッとします。もし妻が入院中だったら、こんな未受診妊婦を受入れてほしくないというのが正直な気持ちです。ただ、私がそう考えるようになったのは、妻の出産に立ち会って妊娠・出産について少し知ってから。それまでは妊婦がたらい回しにされたというニュースを見るたびに、受け入れを拒否した病院が悪いように思っていました。

未受診妊婦の受け入れは話がそう単純ではないと思うので、ドラマでもその辺の事情にも目が向けられているといいなあと期待しつつ、放送を待ちたいと思います。

 

未受診妊婦について参考になるページ

妊娠、出産にまつわるデータ集:第6回 未受診妊婦の割合 | 妊娠・出産インフォ|ミキハウス出産準備サイト

医療と医業(H23-01)

2/2 妊婦健診はなぜ必要? 飛び込み出産が危険なわけ [女性の健康] All About

 

▼未受診妊婦(「受け入れ拒否」)が掲載されているコウノドリ第1巻

コウノドリ(1)[Kindle版]

コウノドリ(11)

10月23日発売予定の新刊。

[まとめ買い] コウノドリ[Kindle版]