新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

ディズニー・イングリッシュ・コンプリートBOXを買ってみました。音声学習ペンがいい感じです。


2歳の娘ちぇぶちゃんは、語学オタクのママの努力のおかげで、今のところ英語が大好き。洋書絵本や英語のアニメからどんどん新しい表現を吸収してどんどんしゃべり、2歳になって始めたベネッセのワールドワイドキッズ(WKE)も楽しそうに取り組んでいます。

さて、今年に入って家族で2度ディズニーランドに遊びに行って以来、ちぇぶちゃんはすっかりディズニーの世界に夢中になっています。ママは今がチャンス!とばかりに普段の英語素材にディズニーのエッセンスを加えて、ちぇぶちゃんがより楽しく英語に親しめる環境づくりをしてくれています。

▼ママのブログ。

ディズニープリンセスの洋書絵本など。

ママの語学ブログ。

 

わが家は来月下旬に弟くんが生まれる予定なのですが、今かなり良いイメージで進んでいるちぇぶちゃんの英語子育てのペースを崩さずにいくには、産後は特にパパである自分が頑張る必要がありそう…。

ただ、そうは言ってもママのように上手に英語の絵本を読み聞かせたり語りかけをするのはちょっと難しい…。

ということで、何か良い案はないか相談してみたところ、ママが「あのディズニーのペンでちぇぶちゃんと遊んでみたらどう?」と提案してくれました。

あのディズニーのペン」というのは、ずーっと前記事にしたことがあるディズニー・イングリッシュ・コンプリートBOXに入っている音声学習ペンのこと。

このペンは、非常に多彩な機能を備えていて、ペン先をテキストやイラストにタッチするだけで、発音や英文朗読、歌声が聞こえてきたり、自分の声を録音したり、再生速度を変更したりできるという優れものなのです。

 

今わが家にはいろいろな英語の素材や教材があるので、これ以上教材が本当に必要なのか最初は疑問に思ったのですが、このペンなら教材の足りない部分を補ってくれるし、何よりちぇぶちゃんがディズニーにハマっている今がまさに始め時ではないかというわけ。

その後ママがとことん教材について調べてくれて、遊び方の参考になりそうなサイトなどいろいろ教えてくれました。

その中では特に教材の編集者さんのインタビューが印象的でした。この教材は、「英語でもっと遊んでほしい」というパパの思いから生まれた教材なのだそうです。

これは試してみたくなりますね。

 

ママがちぇぶちゃんとどう遊ぶのかというところも参考にしたかったので、早速購入して試してみることにしました。

▼すぐに届いた教材。かなり大きい箱でずっしりしています。ちぇぶちゃんは大好きなミッキーやプーさんのイラストに大興奮。朝起きると「みっきー!ぷー!おはよう~」などおしゃべりしながら箱のところに駆け寄っていきます。

f:id:bokipapa:20160513055720j:plain

教材の中身は、ワークブック、テキストブック、ストーリーブック、ソングブック、カード、ウォールチャートなど盛りだくさん!

▼ちぇぶちゃんが大好きなディズニーのキャラクターがいっぱい。

f:id:bokipapa:20160513055724j:plain

ミッキーとプーさんのペンは貴重品扱いで、これでもかというくらい丁寧に梱包されていました。コンプリートBOXには音声学習ペンが2本入っているので、親の自分とちぇぶちゃんが一緒に使うことができます。(実際、それも狙いの一つだそうです。)近い将来、ちぇぶちゃんと弟くんで取り合いになることもないですね。

f:id:bokipapa:20160513055728j:plain

 

試しにペンを使ってみたところ、ちゃんと英語、日本語や歌が再生されて楽しく遊べそうな感じでした。特に『アナと雪の女王』のストーリーブックはちぇぶちゃんが大好きな "Let it go" の歌の練習もできてかなり良さそうです。

Amazonや楽天のレビューには中古疑惑など気になるものがあったのですが、今回届いたものはピッカピカの新品で文句のつけどころのないものでした。むしろこのボリュームでこの値段ならオトクすぎるくらいかもしれません。

f:id:bokipapa:20160513061203j:plain

実際にちぇぶちゃんにも触ってもらったところ、ペンでイラストをタッチすると音声が再生されるというしかけが楽しいようで、何度も何度もペンでピッとしていました。本格的に使い始めるのはこれからということになりますが、詳しい様子はきっとママが書いてくれると思います。

ディズニー・イングリッシュ・コンプリートBOX

今は面白い英語教材がたくさんあって、最近の子どもがうらやましくなるくらいですね。童心にかえって自分も一緒に遊んでみようっと!