新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が新米パパに!育児日記や知育、レゴデュプロ、英語子育て、ライフスタイルなど、いろいろ書いています。


  スポンサーリンク

1歳の娘がおままごとキッチンで遊ぶ姿を見て「まじかよ!」と思ったパパの話


おままごとキッチンって何???

初めての娘が生まれて、それまで無縁だった育児・子育ての世界に足を踏み入れ、驚いたことのひとつに「おままごと」がありました。教えてもいないのに、いつのまにかおままごとらしきことをして楽しそうに遊んでいるちぇぶちゃん。1歳後半になり、ますます本格的におままごとをして遊ぶようになってきました。

その「おままごと」、今はあらゆる食材や調理器具が揃っていることにも驚かされますが、極めつけは「おままごとキッチン」の存在。自分の場合は幼少期に(実際はやっていたのかもしれませんが)ままごと遊びをした記憶がほとんどなかったので、「おままごと遊びはちゃぶ台の上におもちゃの食器や食べ物を並べて遊ばせておくもの」というようなイメージしか持っていなかったのです。

ところが、世の中にはままごと遊びをするためのキッチン、「おままごとキッチン」なるものがあるらしい。しかも、おもちゃといっても見た目はなかなか本格的でお値段もそれなり…。

子どもの遊びのために、ここまでいろいろ考えられたおもちゃが作られているなんて…と本当に驚きました。

そして、ちぇぶちゃんもぐんぐん成長しもうすぐ2歳の誕生日。

そんなわけで、最近の妻の頭の中は誕生日のプレゼントをどのおままごとキッチンにするかでいっぱいのようなのです。ちぇぶちゃんがおままごとに熱中している今でしょ!と、ものすごく真剣に調べています。

仕方ないので妻に影響されて、自分もおままごとキッチンについて少し調べてみることにしました。

おままごとキッチンを見たちぇぶちゃんの反応

先日、おままごとキッチンを扱っているおしゃれな家具屋さんにちぇぶちゃんを連れて様子を見に行きました。

すると、ちぇぶちゃんはキッチンを見るや否やキッチンに駆け寄っていきなり料理のまねごとを始めたので、私は本当に驚きました。実際のおままごとキッチンを目にするのはこれがほとんど初めてだったはずなのに(前回はお店で実際に遊ばなかったのです)、それっぽく遊んでいるのです。

実際には、キッチンの横に置かれたテーブルを使って遊び始めたのですが、おままごとの野菜やくだものをお皿に盛り付けたりナイフで切ったりして熱中して遊ぶ様子を見て、ちょっと感動してしまいました。

パパ的にはむしろこっちのテーブルとイスが欲しいよ…と思ったのは内緒。

f:id:bokipapa:20150904011635j:plain

その後、興味の対象は隣のキッチンに移り、そこでもコンロのスイッチをくるくる回したり、オーブンの扉を開けて野菜などを入れてみたり、真剣な表情で楽しそうに遊んでいました。

f:id:bokipapa:20150904011644j:plain

このちぇぶちゃんの楽しそうに遊ぶ様子を見て、「玩具屋さんで売っている高い玩具ではなくても、子どもたちは十分にあそびを展開していきます。お人形を赤ちゃんに、お手玉を石けんに、洗面器をお風呂に見立てて、お母さんが自分にしてくれているように、お風呂に入れたり、赤ちゃんの髪を洗ったりします。」という育児書の言葉を借りて、「そんな立派なキッチンがなくても、ままごと遊びはできるんじゃない?」と言おうとしていた私の計画は見事に吹き飛んでしまいました。

ちぇぶちゃんは普段、そばにあるものを使って上手に見立て遊びもしているので、今はキッチンがなくても気にならないはず。将来「欲しい」って言うようになるまで待ってもいいのかもしれないけど、もし今から遊ぶなら長いこと使えるかもしれません。

何よりこの可愛らしい姿を見ると、メロメロになってしまう自分がいます。そんな自分(の変化)に一番びっくり。

「おままごとキッチン、あってもいいのかな」と思うようになってきてしまいました。

家具を少し小さくしたような木のキッチンが良さそうですが…

おままごとキッチンにもいろいろあるようですが、今のところ木製のものの方が良さそうだなあという印象です。

見に行ったお店にあったこのキッチン。

確かによく見えます。白を基調として上品な感じ。

岡山に自社工場がありますね。

https://instagram.com/p/61h1JwhNPI/

f:id:bokipapa:20150904020550j:plain

そういえば、先日初めてイオンモール幕張新都心に行ったときに見たピンクピンクの可愛らしいキッチンなどもあるようですが、もし男親が選ぶとしたらこういうのはないかなあ…。 

f:id:bokipapa:20150826101138j:plain

マザーガーデン おままごとキッチンセット野いちご

【COOK TIME:クックタイム】(えらべる2色)木のおもちゃ ままごと キッチン

歌舞伎俳優・市川海老蔵さんのお子さんが使っているというキッチン。

ピンクでもこれなら落ち着いた感じで素敵です。

f:id:bokipapa:20150904024011j:plain

 木工職人の川崎賢広さんの手作り。木部分はドイツ樅(もみ)・ブナ、カラーボードはJIS規格『F☆☆☆☆(Fフォースター)』のアイカ製 ポリボード(ピュアポリ)を使用、扉にはガラスではなく、アクリルパネル使用。塗料不使用。全角部分、面取り加工。

これは気になります。

Hape グルメキッチン

ホワイトなら落ち着いていていいと思うのですが…。

生産国は中国となっているところもあります。

 

ピンクはどうでしょう?

目がチカチカしてきそうです…。

ニック社 N流し台+オーブン【ドイツ製・おままごと 赤いキッチン台】

ドイツ製のキッチンといえば、ニック社のものも有名だそうです。これはすごい!

こんなに売れているの?と思うくらいたくさんレビューがあります。

生産国はドイツとなっています。

木製 ままごとキッチン &デスク(A800)

ずばりこのキッチンにもデスクにもなるタイプは良さそうです。

ピンクのキッチンに比べるとずいぶん地味になってしまいますが、おままごとキッチンで将来デスクとしても使えるなんてスゴイ。イスもついていて、いろいろ収納できるのです。

幅広タイプなので、兄妹2人で並んで遊ぶこともできます。将来のことを考えるとこういうのも良さそう。

f:id:bokipapa:20150904023001j:plain

天板をひっくり返すとホワイトボードになるとか…。

便利ですよね、これ。お絵かき大好きなちぇぶちゃんも喜びそう。

f:id:bokipapa:20150904023009j:plain

お店に行って実物を見ることができないのが辛いところです。

見本をみたいなあ…。

オーストラリア・ニュージーランドから輸入したパイン材を使用し、愛知県にある工房で作られているそうです。

木遊舎 ひのきキッチンデスク

以前、アルビスブランの積み木をこのお店で購入しました。このキッチンデスクも素敵な感じ。自分的には色があまりついていない木の素材をそのまま使ったキッチンに惹かれるようです。

地元愛媛県のヒノキを使用し、愛媛県の工房で作られているようです。

トッドルの木製おままごとキッチン

クマの抜き型がかわいらしいキッチン。

ニュージランド産パイン材を加工し、無塗装で仕上げているそうです。滋賀県の会社。

ベイビーキッチン ホワイト

シンプルなホワイトのキッチン。

もはや子どものおもちゃという感じじゃないですね、これ。

f:id:bokipapa:20150904024425j:plain

楽天 Forest キュートハイタイプオーブン付き ナチュラルチョコ

こちらのお店にもいろいろなキッチンがあります。こちらは高さの違いでピッコロ・キュート・キュートハイの3タイプあるみたい。色も選べます。結構しっかり作ってある感じです。

天然のカナダ産針葉樹を使用。信州安曇野の工房で職人が手作り。仕上げ塗装には自然素材のものを使用。

ままごとキッチン ワイドタイプ ナチュラルピンク花

横幅が広いのはいいですね。問題はお値段かな…。

 

おままごとキッチン、よいものがたくさん見つかったのはいいのですが、どれにするか決めるのが大変。

悩ましいですね。

 

※おままごとキッチンについて真剣に考えているママのブログ