新米パパの子育てエブリデイ

元高校教師が2児のパパに!小1の娘は2026年中学受験予定。サピックスに楽しく通塾中。年少の息子はレゴデュプロ三昧。日々のあれこれを書いていきます。

MENU
チャレンジタッチ 12月号を徹底解説!
2歳・3歳からできる通信教育
スマイルゼミ

第18回ショパン国際ピアノコンクール 結果発表

f:id:bokipapa:20211021155706j:plain

日本時間 2021年10月21日(木)9時00分ごろから第18回ショパン国際ピアノコンクール の結果発表が行われました。

日本からは、反田恭平さんが2位、小林愛実さんが4位に入賞されました。

第1位 Bruce(Xiaoyu) Liu ブルース・リウ(カナダ、24歳)
第2位 反田恭平(日本、27歳)
第2位 Alexander Gadjiev アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロヴェニア、26歳)
第3位 Martin Garcia Garcia マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン、24歳)
第4位 小林愛実(日本、26歳)
第4位 Jakub Kuszlik ヤクブ・クシュリック(ポーランド、24歳)
第5位 Leonora Armellini レオノーラ・アルメリーニ(イタリア、29歳)
第6位 J J Jun Li Bui ジェイ・ジェイ・ジュン・リ・ブイ(カナダ、17歳)

入選
Eva Gevorgyan エヴァ・ゲヴォルギヤン(ロシア/アルメニア、17歳)
Hyuk Lee イ・ヒョク(韓国、21歳)
Kamil Pacholec カミル・パホレツ(ポーランド、22歳)
Hao Rao ハオ・ラオ(中国、17歳)

https://chopin2020.pl/en/news/article/437/the-winner-of-the-18th-chopin-competition!

www.youtube.com

news.yahoo.co.jp

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Wyniki XVIII Konkursu Chopinowskiego /The results of the 18th Chopin Competition

www.youtube.com

 

 

世界的に権威のあるショパンピアノコンクールで2位に入賞した反田恭平さん。ロシア留学時代の恩師がANNのインタビューに答えました。恩師から見た反田さんとは。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「彼はとてもよく練習をしました。多くの日本人のように、彼は大変な努力家です」

 2014年、反田さんはロシアの名門・モスクワ音楽院に首席で入学します。

 この時、反田さんを誘ったのがヴォスクレセンスキー教授でした。

 反田さんを「10年に一度の逸材だ」と評価します。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「私は、反田さんはこのショパン・コンクールで勝ったと思っています。彼は他のコンクールに出場する必要はないと思います。自分のキャリアにリスクを負う必要はありません」

 教授は、今回のコンクールは反田さんのキャリアの第1ステップに過ぎないと話します。

 ピアニストとしての輝かしい未来を確信していますが、焦りは禁物だとアドバイスを送ります。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「私はまず第一に心の平安を願います。なぜなら、ピアニストのコンサート人生というものは大変、困難なものだからです」

www.youtube.com

21日、世界的に権威のあるショパン・ピアノコンクールで日本人が入賞を果たしました。50年ぶりの快挙を成し遂げた日本人ピアニストの素顔をお伝えします。

 

 結果発表を前にスマートフォンで自撮りしているピアニストの反田恭平さん(27)。その直後・・・。

 

 2位が決まった瞬間、びっくりした様子です。

 

 ショパン国際ピアノコンクール2位・反田恭平さん:「本当に実感がなくて、ただただ驚いている次第です。人生が変わってしまったので、心の整理がつかないんですけれども、まず応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」

21日、世界的に権威のあるショパン・ピアノコンクールで日本人が入賞を果たしました。50年ぶりの快挙を成し遂げた日本人ピアニストの素顔をお伝えします。

 結果発表を前にスマートフォンで自撮りしているピアニストの反田恭平さん(27)。その直後・・・。

 2位が決まった瞬間、びっくりした様子です。

 ショパン国際ピアノコンクール2位・反田恭平さん:「本当に実感がなくて、ただただ驚いている次第です。人生が変わってしまったので、心の整理がつかないんですけれども、まず応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com